うなぎの寿命はどのくらい?

驚くほど長寿なうなぎもいる

うなぎというと土用の丑の日に食べるものと言われていますが、栄養価の高い食材としても知られています。特に夏バテ予防になると言われており、スタミナがつく食材として昔から食べられてきました。ビタミン類が豊富に含まれており、脳を活性化したり血液の流れをスムーズにするとして注目されているDHAやEPAも含まれています。また、健康だけではなく、美容にもいいとして人気があります。

そのうなぎですが、とても生命力が強く魚の中でも長寿の部類に入ります。天然のうなぎの寿命は3年から8年程度なので、驚くほど長寿というわけではありません。しかし、養殖などの人工飼育されているうなぎの場合には、それよりもずっと長生きします。中には、80年も生きたうなぎもいるといわれています。

天然物と養殖物でうなぎの寿命にこれだけの差があるのは、産卵が大きく関係しています。うなぎはオスもメスも産卵を終えると、その時点で一生を終えることになります。ですが、人工飼育されているうなぎだと、産卵をコントロールすることができるのでそれよりも長く生きることができるのです。それにより、80年という長い期間生き続けることができます。

その一生は海で始まる

うなぎは海で誕生する生き物ですが、その一生は沼や池など淡水でほとんどを過ごすと言われています。それから、産卵時期がやってくると再び海へ戻っていきます。そして、産卵を終えると死んでしまいます。

産卵場所はマリアナ諸島の西側の海域と推測されていますが、はっきりとした場所は特定されていません。産卵された卵は海中で孵化し、海面に近いところに上昇していきます。そして、海流に乗って日本海近海までたどり着くと言われています。その後シラスという形に変わり、河口から上流へと上っていきます。沼や池にたどり着くと、そこで3年から8年程度の時間をかけて成魚に成長するとされています。そして産卵時期を迎えると、再び生まれた海へと戻っていくのです。うなぎは、淡水でも海水でも生きられる珍しい魚です。また、産卵のために断食すると言われており、その期間は一年にものぼります。

うなぎの研究は以前に比べると大分進んできましたが、その生態にはいまだに謎も多く、詳しい部分まで解明されるには至っていません。そのため養殖技術も進んできてはいますが、完全養殖として市場に供給できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

“うなぎの寿命はどのくらい?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です